ドクターメドマー正規品取扱店|評判2019年版

当販売店取扱の家庭用エアーマッサージ器はすべて医療用具製造許可認定工場にて生産された正規品です。購入者レビュー掲載中!

リンパ浮腫とは

リンパ浮腫とは

投稿日:2019年6月11日 更新日:

リンパ浮腫とは

主に腕や足のリンパ液の流れが障害されることによりむくんでくる疾患です。
その多くは、乳がん、子宮がんなどの術後に起こります。
時期は術後すぐから数年を経る場合もあり様々です。
頻度は意外と多いのですが、医療関係者などにはあまり知られておらず、最近になって少しずつ広まり始めているのが実情と思われます。

診断は上記のような手術をした後に起こった「色の変化」や「痛みのないむくみ」であれば多くの場合容易です。
経過観察には「患肢周径測定」などが行われます。

日本リンパ学会理事の言葉

急性炎症性変化(蜂窩織炎 ほうかしきえん)
リンパ浮腫では、細菌感染を高頻度で合併します。
予防のため、皮膚の保護、外傷、過労などに注意します。

治療は、安静、抗生剤投与、発赤部の冷却と浮腫液の軽減(除去など)です。

リンパ浮腫治療の現状

-複合的理学療法-
リンパ浮腫の治療は、腕や脚の「むくみ」を心臓の方へ戻す作業です。
基本的には、腕や脚を上げ、動かすことで「むくみ」の液を流します。
皮膚を擦って「むくみ」を心臓の方向へ誘導してもよいわけで、これをリンパドレナージュといいます。

一方で、せっかく「むくみ」を心臓の近い体幹部にもっていっても、日常では立ち上がる運動が多いため「むくみ」は再び腕や脚に戻って落ちてくることになります。
これを阻止するために弾性のスリーブ・ストッキングまたは、弾性包帯を用います。
その弾性でマッサージ効果も期待できます。







-リンパ浮腫とは

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リンパ浮腫が起こったら

リンパ浮腫の原因 リンパ管の障害から発症する「リンパ浮腫」ですが、そのほとんど原因(手術によるリンパ節の切除など)の明らかな2次性のものです。 リンパ節の切除 病気やがん治療で行われる手術によって、リ …